読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mimizunoBlog

何気ない日々から学びを受け取るブログ

行ってわかったフィリピン留学~実際どうなの??編

雑記

f:id:mimizunomizuno:20160111150828j:plain

僕は去年の夏に1ヶ月のフィリピン留学に行きました。

なぜ留学にいったかといえば

・そもそも海外に興味があった。

・英語が話せる人ははかっこいい

といった理由です。

以前から留学に興味があったものの、実際に行くとなるとやっぱり本当に行くべきなのか、実際留学に行ってなにか変わるのかという不安がありました。

でも結局、やってみなければなにもわからないし、もし社会人になればそんな簡単に留学なんてできないだろうと考え飛び込んでみました。

そこで気になったのが、いまかなりブームになっているフィリピン留学です。

なぜフィリピン留学が今注目されているかといえば、おそらくその費用の安さにあるでしょう。またフィリピン留学をしてTOEICが100点あがったのような事例も聞いたことがあるかもしれません。

通常アメリカに3ヶ月留学に行くとなれば、おそらく軽く100万は超えてきます。

しかしフィリピン留学ではおよそ30〜40万円で留学が可能です。

なぜこれほど安いのかといえば、フィリピンはまだまだ発展途上国であり、物価が安いのが挙げられるでしょう。

ただやっぱり本当にフィリピンで大丈夫なのかという不安もありました。

本当に英語が上達するの??

治安は大丈夫なのか??

食事はあうのか??

そこで今回実際にフィリピンに留学してわかったこと3点をまとめました。

1.勉強面

フィリピン留学の特徴の1つが、集中的なマンツーマンレッスンによる英語スキルのアップが期待されることです。僕の場合は50分のマンツーマンレッスン4コマと2コマのグループレッスンが1日に組み込まれ1日に5、6時間以上の授業がありました。おそらくどの学校でも約5時間以上のマンツーマンor少人数のレッスンが行われます。

  • 良かった点
    やっぱり英語を常にしゃべる環境に入れたことです。
    他の国での留学では、大人数のレッスンになることが多いのであまり発言する機会がありません。しかしフィリピン留学では、マンツーマンレッスンですので嫌でも英語をしゃべらなくてはいけません。授業の会話ももちろんすべて英語です。英語を集中的に学びたい、しゃべれるようになりたいという人には絶好の機会でしょう。

  • 悪かった点
    僕の場合は、TOEIC600点レベルだったので、ある程度英文法などは解けるレベルです。しかし実際にフィリピン留学にいって文法の授業があったのですが、まず最初の授業が単数系と複数系の違い。次に現在形と過去形の違いというものでした。授業自体も英語で行われるといえ、もちろんほぼ全問正解できます。先生はとても褒めてくれるし、授業の会話も英語なのでリスニングを高められるしいいかなーとは思っていましたが、今思えば本当にもったいないなと思いました。
    英文法なんて日本で勉強できます。それよりも学んだことをアウトプット、つまりしゃべることに重点をおくべきでした。ここがフィリピン留学の落とし穴ともいえるかもしれません。しっかり学びたいことを主張し、先生に伝えるべきです。

2.環境面・治安面

まず勉強の環境面ですが、僕はほんとうに英語の勉強が楽しかったです。

しかし一緒に留学に来ていた大学の友達は監獄だ。。。と言っていました。

なんせ毎日5時間以上は英語でしゃべる環境にいなくてはいけません。英語を勉強したい!マスターしたい!と本気で思っている人からすれば最高の環境ですが、留学にきて観光、遊び、あと英語もしゃべれるようになりたいな〜って人にはもしかしたらあわないかもしれません。というより遊びに行くのであれば旅行で十分だと僕は思います。留学してなにをしたいのか、これを明確しておくことが重要になると感じました。

次に治安面。僕も留学に行く前に両親にフィリピンって危なくないの??って 心配されましたが、治安は近年大変良くなっているという印象を受けました。大学から近くにマクドナルドやモール街があるし、日本と全然かわらないというような感じです。しかし少しタクシーで移動すれば、スラム街があったり、ストリートチルドレンがいっぱいいるし、まだまだ地域の格差がかなりみられます。僕はフィリピンのセブにて留学しましたが、セブはリゾート地としても有名なところで、そういった有名どころであれば安心して良いでしょう。

3.金銭面

ここが一番後悔したとというところなのですが、僕は大学のプログラムで1ヶ月の留学に行きました。かかった費用はなんと38万円です。もし外部のプログラムでいけば1ヶ月は10万以下で抑えられます。僕もそれを知ってはいたのですが、最初フィリピン留学に行くといった時に、治安の面で両親に反対されました。しかし大学のプログラムでならということで許しをもらい、また大学の単位がもらえ、日本人の仲間も多いということもあった大学のプログラムで行くことになりました。しかし今思えば、外部のプログラムでも同じ大学を選べただろうし、かなり大きな出費をしてしまいました。しかしそれだけお金がかかっているからこそ、毎日の勉強を大事にして頑張れたし、いい経験になったと思います。

また今ライターとしてお世話になっているフィリピン在住のマナブさんが5万5000円でフィリピン留学した方法のまとめもおすすめです。

matome.naver.jp

【2015年現在】月5万5000円でフィリピン留学は可能なのか?

phil-portal.com

いかかでしょうか??

なによりこれから留学に行ってみたい!フィリピンに興味がある!っていう方がいれば、僕から経験も踏まえもおすすめしていくので気軽にご相談ください。

留学に関しての他の記事も更新していきます。