読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mimizunoBlog

何気ない日々から学びを受け取るブログ

誰にも真似されない文章の書き方〜「人を動かす文章術」

Book

f:id:mimizunomizuno:20170220020238p:plain

 

先日、有名ブログ「わかったブログ」のある記事で、紹介された本を買いました。本記事は、1266ブックマークを獲得し、いわゆる「バズった」記事です。

 

しかし、実際にAmazonレビューをみても、レビュー数14件&星4つだったため、そこまで絶賛するほどか?と思ったけれども、騙されたと思って買ってみたら、これが当たりだった。わかったブログでも、「ライバルが増えるから、できるだけ教えてくない(笑)」と紹介されていましたが、読んでみて納得です。

 

考える技術・書く技術」が、きれいな文章を書くための本であるとすれば、本書は、人を動かすための、自分独自の視点を持った文章を書くための本です。

 

それでは、読んでよかったポイントをまとめていきましょう。

  1. エッセイを書く
  2. 一人弁証論
  3. 自分の視点を持つ文章を書くテクニック

 

誰にも真似されない文章の書き方

f:id:mimizunomizuno:20170220015914j:plain

1. エッセイを書く

筆者の齋藤 孝さんは、文章を書く際に必要なのは、文章力でも、国語力でも、日本語のセンスでもないと言います。なにより必要なのは、「意味」を掴み取る力です。

 

そこで、本書のテーマとなっているのが、エッセイを書くことです。エッセイを書くにあたって、必要なのは、自分の視点を大切にすることです。つまり、他人と違う角度をもった視点で文章を書くこと。この他人と違う視点を持った文章は、面白く、読んでもらえる文章になるといいます。

 

では、エッセイとはなんでしょうか?よくある間違いは、読書感想文です。これは、作文は、本を読んで素直に感想を書けば成立します。

 

一方、エッセイとは、一つのテーマを決め、それについて語っていくうちにその本の内容が引用される、といった構造が必要とされるといいます。Wikipediaでは、以下のように定義されています。

エッセイ
1.自由な形式で、気軽に自分の意見などを述べた散文。随筆。随想。
2.特殊の主題に関する試論。小論

 

エッセイを書くには、あるテーマについて従来とは違った視点での捉え直しと、そこから得た新しい発見が必要です。これができるようになると、例えば本を読んだり、経験をしたことから、新たな気づきや、視点を発見することができた力は、周囲から見れば、「目のつけどころがいい」という評価になります。

 

「目のつけどころがいい」人物は、ユニークな発想を生み出します。すなわち、社会の中で非常に重宝される人材になるということです。

 

ここでは簡単に、エッセイを書く段取りと、ポイントを挙げておきます。もっと詳しい内容は、ぜひ本書をご覧ください。

 

エッセイを書く段取り
  1. ネタだし(思いついたもの、ネタを書き出す)
  2. グループ分け(ネタを3つくらいのグループに分ける)
  3. ゴールを決める(最後の文章を考える)
  4. タイトルを決める(「つかみ」は一番大事)
  5. 通過地点を設定する(「えー」「へぇ」「ほぅ」となる3つのポイントを考える)

 

では、どのようにすれば、他人と違う角度をもった文章を書くことができるのでしょうか?これについては、「一人弁証論」と、本書の中で特にイイなと思ったポイントを、以下にまとめていきましょう。

 

2. 一人弁証論

文章を書くには、先ほど、「エッセイを書く段取り」で示したように、まず、ネタを出し、ゴールとなる結論の一文を決めます。その次に、スタートとなるタイトルを決め、その通過点となるポイントを3つほど並べる。これが一番すっきりする文章の書き方です。

 

これより、もう一段高度な文章スタイルが、「一人弁証法」といわれるスタイルです。

「弁証法」とは、正・反・合のステップによる論理的展開法のことです。つまり、あるテーマに対して、まず、「正」である賛成意見を述べ、続いて「反」である反対意見をぶつ議論形式にする。最終的には、議論の成果である「合」を述べる、というやり方です。これを一つの文章の中で、一人で展開するのです。

 

この文章テクニックは、一つの文章で、賛成と反対、さらに両者をぶつけた後に導かれる結論まで書かれているため、思考のレベルは自ずと一定基準を超えます。つまり、賛成意見と、反対意見を踏まえた上での意見は、「そこまで考えたのか...」と相手に思ってもらえるので、説得力がかなり高まります。

 

この手法は、最近話題となった「嫌われる勇気」などでも用いられています。本書では、「アドラー心理学」が対話形式で解説されているため、読みやすく、とてもわかりやすいです。登場人物は、先生と少年の二人です。形式としては、先生が論ずる「アドラー心理学」に対して、少年が「いやいや」と突っ込む、まさに「正」と「負」を用い、結論を導き出すという形です。

 

この一人弁証法は、あることについて、自分が実際にどう思うかだけではなく、「違う立ち場から考えたらどうなるか」を考える力になります。この方法については、特に「なるほど...」と思いました。これから僕も意識して使っていこうと思います。

 

3. 自分の視点を持つ文章を書くテクニック

それでは最後に、自分の視点を持つ文章を書くためのポイントをまとめていきましょう。

 

文章において、凡庸は恥 

文章においては、凡庸さは恥です。結果としての凡庸さはある程度しかたがないとしても、せめて「凡庸さは恥」だということを肝に銘じておきたい。実は、このことを知ってもらうことこそ、私が本書を書くにあたっての、隠されたテーマなのです。 

 

例えば、TVのコメンテーターが

「結局のところ、人生で大切なのは、人間性を磨くことである」

「自分が納得できる生き方をすることが、一番だと思う」

 

このような一般論を述べても、おかしくはないですが、同じことを文章でやっては、悲惨です。つまり、凡庸であることは文章において恥なのです。読まれる文章において、目指すべきは、発見のある文章、あたらしいものの見方を提示している文章です。

 

「上から目線」と「生意気さ 」

「ここが面白いなと思いました」というひれ伏した感じではなく、「この言葉が私をインスパイアしてくれました」という感じを出すのです。いや、もっと偉そうに「この私をここまでその気までさせてくれた。」それだけに、この物語はなかなか大したものだ。」とあくまで「上から目線」の姿勢で臨みましょう。

 

読書において、筆者と対等な立場で読むことは、批判的に文章を読み、自分の意見を持つことが大切であるように、文章において、「上から目線」や「生意気さ」で書くことは、自分の意見や発見を強調し、他の人とは違う一際目立つ文章になります。

 

 

独自の視点の見つけ方

個性というのは、ある種の「無理」や「歪み」だと思います。無理や歪みが一切ない整然たるものというのは、おもしろくもなんともありません。逆に「なんで、ここでこれ?」と驚かれるようなものを文章に放り込んでガリガリつなげていく強引さがあると、その人の個性、歪みというものがにじみ出てきて、「なんか焦げ臭いね」「ここ、摩擦熱が起こっちゃっているんですけど」という感じで、ウケる人たちにはものすごくウケるのです。

 

例えば、読書での学びや映画でのストーリーを、自分の体験や、生活で起こったことに繋げた時、それは個性になり、その人だけの文章になります。これが独自の視点となり、文章に面白みを生んでいきます。

 

これを普段から意識すると、何気無い毎日から学びを見いだすことができるのです。その上で、ブログで文章を書くことは、かなり有効です。「書く生活」と「書かない生活」では、普段のものの見方も圧倒的に変わってくるからです。

 

引用と出典でおトク感を出す

書き手が新しい何かを発見していなくても、あるいは全体の趣旨がつまらなくても、キラリと光る言葉が引用され、しかも出典まで明らかになっていると、「読んで得したな」という感想を持ってもらえるのです。

 

他人に読ませることを前提に文章を書くときに、面白い発見がないときもあります。その時は、「引用」を用いることが有効です。例えば、小説一冊を読んで、新しい発見をすることがなかったとしても、自分の中で心に残った一文を引用にメモして起き、それに対してコメントするだけで、新しい文章になります。

 

読んでいる方としても、その小説や映画を見ずに、その引用に出会えただけで、「よかったな」とお得に感じ、またそれがきっかけで、「読みたい!」と思わせことができるかもしれません。このように引用で人を動かすことも可能です。

 

 

 

以上で終わりです。文章とは、何のために書くか。それは人を動かすためにあります。ぜひ、自分だけの文章を書く力を身につけていきましょう。

 

by みみずのみずの(@mimizunomizuno)

これからの時代に必要不可欠な「生産性」の話~自分の時間を取り戻そう

Book
f:id:mimizunomizuno:20170209165851p:plain

 

元マッキンゼー出身で、社会派ブロガーのちきりんさんが出したばかりの「自分の時間を取り戻そう」を先日読みました。これは、ちきりんさんが出した「自分のアタマで考えよう」「マーケット感覚を身につけよう」に続く、シリーズの3冊目です。

 

個人的に好きな「自分の頭で考えよう」のテーマは、題名の通り「自分の頭で考えること」でした。実際にある社会の問題に対して、情報を鵜呑みにせず、どう自分の考えていくかを分かりやすく解説しています。ロジカルシンキングの入門のような形で、とてもよかったです。

 

一方、今回の本書でのテーマは「生産性」です。ちきりんさんは、本書を出すと同時に、伊賀 泰代という名前で「生産性」という本も出版しています。公式には同じ人物であるかは公表してないみたいですが、書いているのは同人物と言っていいでしょう。

 

今回の「自分の時間を取り戻そう」は、ブロガーちきりんの視点から、「日々の暮らしの生産性をあげよう!」と言った主張に対して、著書「生産性」は元マッキンゼー出身、伊賀 泰代の視点から「日々の仕事の生産性をどう上げるか」を語っているような形です。

 

一貫して「なぜ生産性が必要なのか」、また「どのように生産性を上げていくべきか」について語られています。これからのITの発達で変わっていく世界で、重要なテーマの一つが「生産性」であり、終始なるほどな〜と読んでいました。今回も、かなりおすすめです。

 

これについて以下の順で、それぞれまとめて行きたいと思います。

  1. なぜ生産性?
  2. どんな仕事がなくなる?
  3. どうやって生産性を上げる? 

 

1. なぜ生産性?

f:id:mimizunomizuno:20170209171437j:plain

今回のテーマは「生産性」ですが、なぜちきりんさんは「生産性」にこだわるのでしょうか?それは、今社会が急速に高生産性社会へとシフトしているからです。高生産性社会のシフトとは、社会全体が、生産性が高まる方向にどんどん動いていくことであると、ちきりんさんは定義しています。

 

そこで、その要因となった大きな例として、「シェアエリング・エコノミー」「ベーシックインカム」を挙げています。

 

Uber・Airbnbのシェアリングエコノミー

シェアリングエコノミーとは、「使われていない資産、リソースを有効活用することで新しい価値を生むもの」です。これの代表的なものとして、今有名なのは、個人が自分の空き時間に自家用車で乗客を運び、乗車賃を稼ぐUberのようなサービスや、個人が空き部屋を宿泊場所として貸し出すAirbnbといったサービスです。

 

この2つのサービスは、資源の活用度合いをより高め、より有効に使われ始められるようになりました。つまり、これが「生産性が上がった」ということです。そして、このようなサービスは今後どんどん展開していくと、ちきりんさんは主張しています。

 

ベーシックインカム

もう一つ生産性が上がっている例として上げているものが、ベーシックインカムです。ベーシックインカムとは、簡単に言えば「保有資産や所得の高低にかかわらず、全国民に最低限の生活が可能になる金額の現金を、毎月配布する制度」です。

 

そんな制度、実際にやるのは不可能なんじゃないの?と思うかもしれませんが、実際にスイスでベーシックインカムの制度の是非を問う国民投票も行われました。結果は否決となりましたが、今後の社会に導入される可能性について注目が高まっています。

 

このベーシックインカムの制度に賛成しているのは、福祉充実派の人らしいです。というのも、生活保護はプライドがあって受け取らなかったり、審査があるため必要性があっても、拒否されてしまう人がいます。しかし、ベーシックインカムであれば全員もらえるため、気が楽で、審査もなく全員に行き渡るから、みんなハッピーという考えです。

 

しかし、ちきりんさんは、この考えとしてのベーシックインカムではなく、生産性の低い人を労働市場から排除するための新たなベーシックインカム論が出てきており、これが生産性が重要になってくる理由だと主張しています。

 

これはつまり、生産性が低いのに給料をもらっている人は排除して、生産性が高い人だけが働こう。だから、その他の人はベーシックインカムをあげるから、仕事の邪魔をせずに遊んでいてくれ〜、ということです。

 

そんなことが本当にありえるのか?と思ってしまいます。しかし、話を少し昔に戻すと、日本では江戸時代、人口の9割=数千万人が農民でした。それなのにしょっちゅう飢饉が起こり、地方では餓死する人もいるほどだったみたいです。ところが、今や日本が農業に従事しているのは、20万人ほどになりました。

 

さらに日本の食料自給率は低いと言われますが、主食の米は今も100%時給です。このように農業の生産性は江戸時代に比べれば、何十倍にも高くなりました。そしてこれはもっと上がっていくと、ちきりんさんは主張します。

 

なぜなら、手作業で農業を行なっていた形態が機械のおかげで生産性があがったように、つぎはロボットやドローンのおかげで、もっと生産性が上がっていくからです。これと同じことが、他の仕事にも当てはまっていくと言っています。

 

ITが急速に「高生産性社会」へとシフトさせている

長くなりましたが、この「シェアリング・エコノミー(Uber・Airbnb)」と「ベーシックインカム」の2つが、今後の社会でより、生産性が必要とされるようになった例の一つです。

 

ですが、社会の高生産性シフトは、実は今に始まったことではないと、ちきりんさんは主張します。というのも、産業革命で人力と馬力が蒸気機関に置き換えられた時から始まっていたからです。

 

ただ、そのスピードと範囲は、ここにきて一気に拡大しています。その最大の理由がインターネットをはじめとするデジタル技術であり、スマホやドローンなどデジタル技術を活かすさまざまなハードの開発です。さらに今後は、人工知能からIoT(Internet of Thing)、そして遺伝子工学まで、高生産性シフトを強力に推進するであろう技術が次々と実用レベルにまで降りてきます。まさに、メディアアーティストの落合陽一さんのいう「魔法の世紀」が近づいています。

 

ポイント
  • 生産性が高まっている例として上げられるのが、「シェアリング・エコノミー」や「ベーシックインカム」。
  • 今まで生産性は上がっていたが、ITの発達でそれが急速に加速した。
  • 今後さらに効率が重視される社会で、生産性がもとめられていく

 

2. どんな仕事がなくなる?

f:id:mimizunomizuno:20170209171544j:plain

悪い働き方

仕事というのもは、過去のやり方を振り返り、改善方法を考え、試行錯誤しながら少しずつ生産性を高めていくもの、というのがちきりんさんの主張です。しかし、ほとんどのホワイトカラーの部門には、8時間をかかった仕事を、半分の4時間にするにはどうすればいいかを考える習慣がないといいます。

 

逆に言えば、ちきりんさんが働いていたマッキンゼーでは、これを徹底しているということですね。では、なぜ多くの会社ではこの習慣がないのでしょうか?それは、生産性を上げる必要がそもそもなかったことが一つの理由です。

 

しかし、これからはそれも変わります。採用業務やITサポート、経理処理や受注センターなどに関しては、他の企業に委託し、たくさんの請負の専門企業が増えました。そして、今後は人工知能も活用し、今よりさらに高い生産性で業務を担ってくれる企業がでてきます。

 

生産性が高い仕事が生き残る

では次に、どんな仕事が生き残るのでしょうか?それは生産性が高い仕事、つまり、機械に任せても大きく生産性が変わりそうにない仕事です。

 

これからは、多くの仕事は人工知能やロボットに代替されるわけですが、失くなっていく仕事は「自動化しやすい仕事」ではありません。そうではなく、ロボットが担当した時に、人間が担当したときの生産性の差が極めて大きい仕事です。

 

例えば、配送トラックを人間が運転する場合と、自動運転自動車を比べてみましょう。自動運転は睡眠や休息も必要としませんが、数時間おきに休憩が必要となる人間に比べれば、圧倒的に生産性の違いが現れるでしょう。

 

これが「時間をかければ終わる仕事」が淘汰される典型的な例です。まだまだ、自動運転の実用は問題があるかもしれませんが、これも時間の問題でしょう。

 

また、「クリエイティブな仕事はなくならない」という主張もありますが、これも違うとちきりんさんは主張します。最近では、すでに人工知能に作曲をやらせたり、絵を描く、小説を書くという実験も始まっていて、レベルは高くないものの、どんどん制度は高まっているそうです。

 

その一方、ライブハウスでお客さんの雰囲気に合わせ曲順を変えたり、トークで会場を盛り上げて即興で演奏すると行ったようなミュージシャンの仕事は、人工知能付きのロボットでは置き換わるのが難しいでしょう。(おすすめの曲順を提案するなどはできそうですが)

 

ポイント
  • 仕事ができる人とできない人の違いは、8hをどう4hに短縮できるか考える習慣
  • これからロボットに変わる仕事は、人間と比べ生産性が高いか低いかで決まる

 

どうやって生産性を上げる?

f:id:mimizunomizuno:20170209171612j:plain

ここまで生産性がいかに重要であるかを話してきました。では、具体的にどのように生産を上げていくべきなのでしょうか?そこでキーワードとなるのは、「お金と時間」「やりたいことを明確にする」の2つです。

 

お金と時間こそが、最大の希少資源

生産性を上げるために、すべきことの第一歩が、お金と時間をどう使っていくかを意識することです。なぜなら、これらは私たちが皆もっており、かつ一番貴重な資源だからです。多くの人が「お金が足りない」もしくは「時間が足りない」と言っています。

 

ここで、お金と時間には大きな違いがあります。それは、お金は目に見えやすいが、時間は目に見えにくいという点です。時間もお金と同じくらい貴重な資源です。しかし、これは目に見えないため、軽んじられてしまいます。

 

よく「もう年末なの?」「もう1ヶ月が過ぎてしまった。」と思うことがあるのではないでしょうか?これがいかに自分たちが「時間の喪失」に鈍感であるかを示しています。

 

そこで重要なのは、何にお金を使ったか、また1日の何に時間を使ったかを見えるか化することです。多くの企業が、業務を他に外注できるようになったように、時間はお金で買うことができます。それは仕事だけではありません。英語の学習も、お金を払って良い教材を買えば、効率的に学習し、時間を増やすことができます。

 

生活の生産性を上げるためには、今の自分にとってなにが希少な資源なのか、それを正確に理解すること。そして、その資源の無駄遣いに敏感になることが大切です。

 

やるべきことを明確にする

次に生産性を上げるために、重要となるのが「自分はなにを手に入れたいのか」を理解することです。

 

私たちが大事にすべきなのは、過去ではなく未来です。今の時点で保有している希少資源をなにに投資するのがもっとも生産性が高いのか = 自分が欲しいものが手に入りやすいのか。そういう視点で考えてこそ、過去に縛られない生き方ができるというのが、ちきりんさんの主張です。

 

本来「自分のほしいもの・手に入れたいもの」を理解するのは難しいことではありません。しかし、大人になると「自分が欲しいもの」と「手に入れれば社会が評価してくれるもの」が違うことを理解し、多くの人が本当に「欲しいもの」を手にいれることを見誤ってしまうようになります。

 

極端な例で言えば、赤ちゃんは自分が欲しいものが明確で、それが与えられないとずっと泣き続けます。しかし、年をとるにつれ、社会を知り、欲しいものがわからなくなるようでは、それは成長とは言えないと、ちきりんさんは言います。

 

豊かな生活とは、希少な資源を最大限利用し、自分が欲しいものをできる限り、たくさん手にいれるという生産性の高い生活のことです。でも肝心の「欲しいモノ」を見誤ってしまっては、いくら希少資源を投入しても手にいれることはありません。

 

周りの人がやっているから、という理由でつい行動してしまうことも、よくあるかと思います。自分が本当に欲しいものを明確にし、なにに時間を使うべきなのかを、日頃から意識していきたいですね。

 

ポイント
  • 生産性を上げる第一歩は、希少資源である「時間」と「お金」を意識すること
  • 見える化することで、時間を有効に活用しよう
  • 本当に自分が欲しいものを明確にしよう

 

具体的な方法

では、具体的な方法を紹介していきましょう。具体的にすべきことは、「働く時間を減らす」「全部やる必要はないと決める」の2つです。

 

まず前提として、生産性は「インプット=希少資源」と「アウトプット=手に入れたい成果」の比率として計算されます。つまり、生産性とは投入した希少資源(時間やお金)に対する割合であり、希少資源がどれくらい有効に活用されたかというレベルを表す指標です。 

生産性 = 得られた成果 / 投入した希少資源 = アウトプット / インプット

 

 この生産性を上げる方法は2つあります。1つ目は、「より高い成果(アウトプット)を出して、生産性を上げる」こと。2つ目は、「インプット(時間)を減らして生産性を上げる」ことです。

 

そして、ちきりんさんは生産性を上げる一番の方法は、2番目のインプットを減らすこと、つまり、「働く時間を減らすことです」。学生であれば、勉強する時間を減らす、主婦であれば、育児や家事に減らす時間を減らすことです。

 

え?と思う人も多いかと思いますが、人が生産性を上げなけらばならないと真剣に考えるのは、「そうせざるを得なくなった人だけ」です。

 

最近、Yahooでは週休3日制が取り入れられ話題となりました。これは、長時間労働が問題視される中、社員の集中力を高めて仕事の効率化を測るために実際に取り入れられた実例です。

ヤフー「週休3日」真の目的は社員の生産性向上 

 

他にも本書では、日本とブラジルの農家の例や、ワーキングマザーと外資系企業の社員の例で、この「働く時間を減らすこと」について、詳しく説明されているので、ぜひ本書を読んでみてください。

 

では、最後に具体的な方法を以下に箇条書きにしておきます。実際に見たらわかるとは思いますが、これを実践するのは分かっていても、少し難しいと思ってしまいます。しかし、本書を読んで、どれだけ生産性が重要なのかを理解すれば、実行に移ることができるかと思います。

 

働く時間を減らす

 

  1. 1日の総労働時間を制限する
  2. 業務ごとの投入時間を決める忙しくなる前に休暇の予定をたてる
  3. 忙しくなる前にゆうかの予定をたてる
  4. 余裕時間をたくさん確保しておく
  5. 仕事以外のこともスケジュール表に書き込む

 

 

全部やる必要はない
  1. 「全てをやる必要はないと!」自分に断言する
  2. まず「やめる」
  3. 「最後まで頑張る場所」は厳選する
  4. 時間の家計簿をつける

 

さいごに

今回本書を読み、生産性の重要性を改めて感じさせられました。実は最近、自分の中で、「自分が本当にほしいものを明確にして、どうやったら手に入れられるかを考えること」をずっと意識していて、それが自分のテーマとなっていました。そんな中、本書を読んでみるとまさに同じことが書かれていて、とても参考になったため、ここまでまとめるに至りました。

 

しかし、具体的にやろうとすると難しい。だからこそ、自分が欲しいものを明確にして、それを見える化することが大事なのだと思います。また、具体的にはどうするの?という点については「エッセンシャル思考」を読むことで、さらに理解が深まるなと思いました。どちらもおすすめです。

 

ではでは、日々精進していきましょう。それでは最後に。

 

 

 

 

そんじゃーね!

 

PDCAで読んだ本の内容を忘れない、圧倒的に効率を上げる読書術

Book Tips

f:id:mimizunomizuno:20170131205425j:plain

読書というものは、自分の知らない世界を広げ、日々の仕事や生活に役立つ知識を与えてくれます。しかし、本を読んで満足し、後から振り返ってみると、読んだ内容をほとんど思い出せないことは、よくあるのではないでしょうか?

 

ぼくも今まで、まったく読書をして来ませんでしたが、大学に入ってから読書が好きになりました。しかし、果たして本当に日々の生活にそれが生かせているかといえば、自信がない。

 

そこで、今回は読書術といわれる本を何冊も読み、いかに読書の効率を最大限あげる方法をリサーチしました。何冊も読みましたが、どの読書術もそれぞれ独自のやり方があるとはいえ、共通しているものがありました。

 

それはつまるところ、PDCAサイクルを回して、効率よくインプットし、それをアウトプットするということです。まだまだ未熟な自分なので、PDCAサイクルのことを語るのは、ただ意識が高いだけになってしまう気がして億劫ですが、やはりこれに尽きるかと思います。

 

PDCAサイクルとは、簡単にいえば、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)を繰り返すことで、業務をどんどん改善していく手法です。

PDCAサイクル(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4 段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する

PDCAサイクル-Wikipedia

 

フレームワークに読書術を当てはめるとすっきりします。これを元に、読書の効率を最大限上げていき、読んだ内容れず日々の生活に生かしていく方法をまとめていきます。

  • Plan 何を学ぶのかのテーマを決める
  • Do テーマを元に読んでいく(インプット)
  • Check 能動的に随時、仮説検証を行う。
  • Action アウトプットする

 

(参考にした本はこちら)

 

PDCAサイクルで、読書の効率を最大化する読書術

0. Before 本を選ぶ

f:id:mimizunomizuno:20170130164807j:plain

 

読書の学びを最大化するには、いかに悪書を避け、良書を読んでいくことです。そこで参考になる方法をいくつか挙げていきます。 

 

1. Amazonレビューを参考にする。

本を買う際は必ず、Amazonでレビューを確認するのをおすすめします。書店では新書が出ると山積みに置いてある本が、レビューをみると星3つなんてことはよくあります。これを使わない手はありません。

 

基本的にレビューが20件を超え、星が4つ以上であれば良書である可能性は高いです。しかし、価値観は人それぞれ。映画でも「君の名は」が大ヒットしている一方で、賛否両論があるのも事実。あまり、鵜呑みにするのはやめましょう。

 

2. ブログの本紹介記事を参考にする

本の内容を要約してくれる書評ブログ、また人気のブロガーは「〜年読んでよかった本まとめ」のような記事を出しています。誰かのおすすめは良書であることが多いため、これを活用していきましょう。

 

個人的なおすすめは以下。特にブログ「読書猿」さんが、強くおすすめしている「知的複眼思考法」はかなりよかったです。ブログを読まなければ、この本には出会わなかったかも。

 

3. 尊敬する人のおすすめを読む

自分が尊敬する人や著名な人のお勧めする本を読むのも1つです。お勧めしている本は、その人の価値観を少なからず形成している可能性が高く、読んでいて楽しい。ぼく個人としては、wantedly CEOの仲さんがおすすめしている「自分の中に毒を持て(岡本太郎)」や、ゲームクリエイターの小島監督がよく使うミーム言葉の元となっている「利己的な遺伝子」は、とてもよかった。

 

1. Plan(計画を立てる)

f:id:mimizunomizuno:20170130165255j:plain

1. 本で何を得るかを決める

読む本を決めたら、その本で何を学び取るかを決めるのが一つのコツです。これを意識するのとしないのとでは、全く違います。読書はつい受動的になってしまいますが、その本を取ったからには、何か学び取りたいものがあるはずです。自分が何を学びたいのかを明らかにし、受動的な読書から、積極的な読書に転換し、時間を学びに変えましょう。

 

2. 時間を決める。

精神科医の樺沢紫苑先生は、1ヶ月に30冊の本を読み、その全てはスキマ時間の特に「移動時間」に本を読んでしまいます。本を月に30冊読む秘訣は、時間を決めることです。樺沢先生は、「今日は、帰宅までにこの本を読み終える!」と、いつも目標設定するそうです。

 

目標設定をすると、記憶強化物質であるドーパミングが分泌され、漠然と読むより、記憶に残るといいます。読書は、ついだらだらとなってしまいがちですが、時間を決め、能動的に読んでいきましょう。また、複数の本を同時に読むのは、人にはよりますが、あまりおすすめしません。本を複数同時に読むと、少し前に読んだ内容を忘れてしまう可能性が高いです。本は1冊を時間を決めて意識して読めば、記憶に残りやすくなります。

 

3. レベル別に読んでいく

例えば、経済学を学ぶために、話題となったトーマスピケティの21世紀の資本を読もうとしても、経済学の基礎を知らなければ、挫折するか、読んでも結局理解に苦しむことになってしまいます。この場合であれば、まず経済学の入門書を読み、ミクロ、マクロを順番に固めていくべきです。自分が学びたいテーマを決めたなら、自分のレベルに合わせた本を選び、体系的に読んでいきましょう。

 

2. Do(本を読む)

f:id:mimizunomizuno:20170130165223j:plain

では、自分が何を得たいのかを決めたら、実際に読んでいきます。娯楽のために読んでもいいですが、やはり積極的に学び取るものを意識して読んでいく姿勢が大切です。その際のテクニックとしては、かなり初歩的ですが、1.目次を読む2.マーカーで線を引くことです。 

 

1. 目次を読む

ぼくは今まで本を読む際に、目次を無視していましたが、これはあまり効率が良いとは言えません。例えば、プレゼンを行ったことがある人は、プレゼンのスライドの初めに目次、アジェンダを載せてる人がほとんどであるかと思います。

 

これを行う理由は、伝えたい人に対して、これから話す内容の道筋を示すことで、理解を深めてもらうことが可能だからです。これは読書においても同じです。目次を読み、自分が学びものが、どこにあるかを予測し把握しておけば、読書の効率がに圧倒的上がります。

 

2. マーカーで線を引く

ペンや、蛍光ペンで自分が「なるほど!」と思ったところに線を引くのは、脳科学的に有効です。「字を読む作業」と「手にペンを持って線を引く作業」は全く別の脳の領域で行われているからです。さらに「文字を書き込む」というのもまた別の脳の部分で行われています。

 

このように、脳の複数の領域を使えば、脳が活性化し、記憶に残りやすくなることが科学的に証明されています。また、線を引いたところを後から振り返って見返すのにも、自分に最適な情報だけ入ってくるため、とても有効的と言えます。

 

ぼくは、三菱鉛筆 ボールペン付き蛍光ペン プロマークを、読書をするときは常に持つようにしました。カバンや筆箱、机などに置いておき、いつでも使えるようにしています。これは蛍光ペンとボールペンが一緒になっており、かなり重宝しています。あまり店舗には置いてなく、Amazonでまとめて買うのはかなりおすすめです(売り切れにならないか心配)

 

3. Check(仮説検証を行う)

f:id:mimizunomizuno:20170130165455j:plain

PDCAサイクルの真髄は、何度も仮説検証を繰り返すことにあります。重要なのは、本を読んでいる際自分が学びたいことを意識し、それが自分の求めていることかを常に確認することです。

80対20の法則を読書に適応する

80対20の法則というものがあります。これはイタリアの経済学者、ヴィルフレド・パレートが提唱したもので、「イタリア国民の二割が、イタリア全体の八割の富を生み出している」という有名な法則です。この法則は、あらゆることに当てはまると言われています。

 

そして、これは読書にも当てはまります。読書を投資と考えれば、本から得られるリターンの80%は、20%を読むだけで得られるということです。多くの読書本で言われることですが、本は全てを読む必要はありません。自分にとって必要な情報を選別し、いらないところは読み飛ばすか、流し読みでも構いません。

 

つまり、自分が学びたいことを決め、目次であらかじめ本の流れを把握する。そして、自分にとって大事だと思うところに仮説を立て、能動的に読んでいくことが、効率を上げる重要なポイントです。仮説を立て読んでいき、もし読んでいるところの筆者の主張が、自分に必要ないと判断できたら、読み流し、次へと進んでいきましょう。

 

4.Action(アウトプットする)

f:id:mimizunomizuno:20170201144608j:plain

読書の効果はなんといっても、インプット × アウトプットで決まります。アウトプットなくしては、読書から得られる効果は全く違ってきます。

 

ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスは、人間の記憶したことは、20分後に42%、1時間後に56%、1日後に74%、1週間後77%、1ケ月後79%が忘れてしまうという結果を発見し、それを示したのがエビングハウスの忘却曲線と呼ばれています。

 

しかし、これは「人間は忘れる動物である」ということだけを示しているのではありません。つまり、記憶に定着させる方法は、いかに復習(アウトプット)を行うかが重要であるということです。

f:id:mimizunomizuno:20170131164058p:plain

(引用:エビングハウスの忘却曲線 )

 

これについて、いかにアウトプットを行い、読書の効率を上げていくかのポイントを挙げていきます。

 

1、3、7日目に復習する

脳がインプットした情報を忘れずに、「重要な情報である」と判断する基準は、「何度も利用される情報」「心が動いた出来事」の2つです。この後者である「何度も利用される情報」と判断するのに最適な期間は、「最初のインプットから、7〜10日以内に3回インプットする」であることが、研究で明らかにされています。これは受験勉強や、英語の勉強など、読書のみならず覚えておくといいでしょう。

 

4つの方法でアウトプットする

では、どのようにアウトプットしていくかを具体的に挙げていきます。

  1. 本を読みながらメモをとる、マーカーでラインする。
  2. 本の内容を人に話す。本を勧める。
  3. 本の感想や気づき、名言をSNSでシェアする。
  4. Facebookやメルマガに書評、レビューを書く。

 

このうち、3つを1週間の内に行うようにしていきましょう。精神科医の樺沢さんによれば、マーカーでラインを引くこともアウトプットとして効果的である、と述べています。また、本で学んだことを友達に話すのもいいですし、ブログをしていれば、内容をまとめて、アウトプットもできるので一石二鳥です。

 

読書の学びを共有するFacebookグループに参加する

ブログやFacebookに投稿するのは、友達の目が気になり、あまり乗り気ではないという方は、読書の学びを投稿するFacebookのグループ(アクションリーディング)に参加するのがオススメです。これは「0秒思考」の著者である赤羽さんが、「本ばかり読んでも成長した気がしない。行動も変わらない」という問題意識から作成したFacebookグループです。

 

このグループでは、「チャレンジシート」というものを本を読む前に作成し、本を読む目的、読んだ学び、これからどうするのかの投稿する。また、これから読みたい本を一緒に読んでいく参加者を募れることを目的にしています。読書をしてる際は、ついモチベーションが下がってしまいますが、これを利用するのも効果的です。利用する際は、ぜひ1度、赤羽さんの著書に目を通しておきましょう。

アクションリーディング 1日30分でも自分を変える"行動読書"

 

5. PDCAサイクルを回す

f:id:mimizunomizuno:20170131202658j:plain

ここまで、いくつかのテクニックを上げてきましたが、大事なのはやはり「学んだことを日々の生活に生かしていく」ことです。そして、このサイクルを回し続けていくことが重要です。

 

例えば、今回ぼくがこのブログを書くに当たって、「読んだ本の内容をほとんど覚えていない」という(課題)を元に、「1番効率の良い読書法を身につける」という(目的)を定めました。そこから以下のような流れで、この記事を書くまでに至りました。

  • Plan

    読書法の本を何冊か読み、ブログにまとめる(目的)

    レビュー・書評を読み、本を5冊ピックアップ

  • Do

    実際に本を読む

  • Check

    目的に当てはまる情報を意識して読んでいく。いらない部分は省く(読書のメリット、電子書籍の活用、おすすめの面白い本などの情報は、流して読んだ)

 

ここまで目的を意識して本を読んでいると、新たな仮説が出てきました。

 

(新たな仮説)

何冊か本を読んだが、これは結局PDCAサイクルのフレームワークに当てはまるのでは?


よって以下のように、修正(Adjust)して、PDCAを回しました。

  • Adjust(修正)

    PDCAサイクルをちゃんと理解しているわけではない←これを解決しよう。(新たな目的)

  • Plan
    知り合いの尊敬していて知識が豊富な人がオススメしていた本を選んで、PDCAサイクルのフレームワーク体系を抑える。

  • Do&Check
    PDCAのフレームワークを抑えることを意識して、深い内容は予備飛ばす。

  • Action(アウトプット)
    学んだ知識をブログにまとめる。

 

このように少し無理矢理かもしれませんが、PDCAサイクルに当てはまりました。大事なのは、「目的」を意識したことで、能動的に効率良く情報を取得していき、足りないものがあれば調整していくことができたということです。

 

最初に目的(1番効率の良い読書法を身につける&ブログにまとめる)を設定したため、能動的に効率を意識して本を読み、行動し続けることができました。これは、普段何気なく本を読んでいた時とは、全く違うほどの学びを得られたと思います。

 

これはなにも「ブログを書け〜!」ということではありません。もちろんブログを書くのもとて良いことです。しかし、どんな人にも、なにか身に付けたいことや、学びたい物事があって、本を読むかと思います。

 

「文章力を身に付けたい」「仕事の効率を上げたい」「おしゃれになりたい」など、それぞれに目的があり、それを身につけるために、本を手にします。そこで、その目的を意識し、ではどうすれば、それを手に入れることができるかを考えていけば、身につくことが1→100にも変わっていきます。

 

なによりも、読書も知識を得る手段でしかなく、それをどう活かすかが重要です。もちろん、本を読むことを楽しみ、学んだことを最大限生かしていきましょう。

 

by みみずのみずの(@mimizunomizuno

 

参考にした本

読書術を学びたいのであれば、以下の中でも1冊読めばOKだと思います。テクニックに関しては人それぞれですが、どれも言っていることは共通しています。

 

 

精神科医の樺沢さんの書籍。脳科学の視点から解説してくれるので説得力があります。以下の2つは共通している内容が多かったので、どちらかを読めば大丈夫でしょう。

 

読書は投資であると考え考え、読書方法について戦略的に解説してあります。読みやすくおすすめ。

 

1996年に発売された、いわゆる古典です。今の時代でも読まれ続けている名著です。すこし難解ですが、読む価値は高いです。いろんな読書術を読みましたが、どの内容も、この本に全て書かれている気がしました。

 

「0秒思考」で有名な、赤羽さんの本。Facebookグループ(Action Reading)を活用する際は、読んでおきましょう。

いい加減使える英語を身につけたい人の、効率的な勉強法まとめ集

Tips English

f:id:mimizunomizuno:20170118101933j:plain

近年、「英語」は身につけておきたい、求められているスキルの1つであることは、いうまでもない。ITが発達し、自動翻訳ができるため、英語を勉強する必要はないという人も多い。しかし、今の時期に英語を身につけなければ、今後、英語を勉強する時間を取ることは一層難しくなる可能性もある。

 

そんな中、日本では過去に比べ、たくさんの学習教材が増え、英語を学ぶハードルは低くなった。また、たくさんの英語学習法をまとめたサイトや、記事もたくさんある。しかし、中には「1日〜分だけで 」「毎日〜するだけでなど、わけのわからない商材も増えている。

 

英語の取得に裏技などはない。時間をかけ、何度も反復練習を積むことで身につけることができる。

 

しかし、一方で近道はある。自分のレベルに合わせ、効果的な学習を積むことで、最短で英語を身につけることが可能であることは、多くの人が言っている事実である。

 

そんなことを言っているぼくも、TOEIC900点がある訳でもなければ、ネイティブスピーカーのようにペラペラに喋れる訳ではない。

 

だからこそ、今回は、自身の経験に基づき、溢れかえった情報や、英語勉強法まとめを見て満足することに終止符を打ち、無駄のない英語の勉強を始め、使える英語を身につけることを目指していきたい。

 

自分の英語レベル

自分の英語レベルとしては、Marchの大学生で、留学経験としては、フィリピン留学1ヶ月、アメリカホームステイ2週間、ベトナムインターン2週間である。TOEICは昨年に対策はせずに受け、750点だった。

 

今回の目標としては「使える英語」を身につけることである。TOEICのスコアアップのための勉強としては、以下がおすすめ。

 

効率的に英語を身につける7つのステップ 

1. レベルにあった正しい勉強法を抑える

f:id:mimizunomizuno:20170118165648p:plain

効率的な英語の学習を始めるにあたって、まずは自分のレベルを知り、それにあった勉強法を実施することなしには始まらない。それが学べるのが「英語上達完全マップ」と「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」の2つである。

 

正直に言えば、この2つをしっかり理解すれば、他は必要ないほど、英語勉強の方法と実態を把握することが可能である。自分のレベルにあった学習を理解することができる。 

英語上達完全マップ

これは英語の勉強をしている人なら1度は見たことがあるだろうくらいに、沢山の人がブログなどで紹介している、もはや英語学習のバイブルのような本である。実際にTOEIC300点ほどの人が、本書を実践して、10ヶ月でTOEIC890点を達成し、その後、通訳案内試験に合格している。以下のサイトを参考にするのが一番早い。

英語上達完全マップを10ヶ月やってみた

 

また、公式サイトにて、本書のトレーニング方法が全てまとめられている。それがこちら。正直、公式サイトがかなりのボリュームで、これをみてもOKだが、お金に余裕がある人は、ぜひ本書を一読することを強く勧める。

英語上達完全マップ

 

20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ 

これはフィリピンの語学学校サウスピークの、カリキュラム作成の総責任を務めるはるじぇー(@HAL_J)さんが作成した、20歳を過ぎた日本人(留学経験無し・受験英語/TOEIC英語しか学んだことがない人達)が、TOEIC860点に到達し、「話す」「聞く」ができるようになるための、勉強法がまとめられている。

 

これは、ネット記事が先に公開され、はてなブックマークを7,700以上獲得し、2010年のはてなブックマーク獲得総数で2位した人気記事となった。その後、書籍化された。これは本を読むより、サイトを見るだけでいい。かなりの情報量であることがわかる。

20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ

また、この記事をまとめたはるじぇーさん自身も、「英語上達完全マップ」を絶賛しており、それを読んだ後、「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」を応用として、活用すること勧めている。

『英語上達完全マップ』は英語学習の専門家がお書きになっているだけあって、学習の仕方や参考書について詳細に記されています。英文読解の学習方法の詳細はこちらをご参照ください。ここまで詳しく書かれた記事が公開されていると、正直言って私はもう書かなくても良いかなと思えてきます。

 

この『英語上達完全マップ』で読解学習をする際に、私が【発音】と【英単語】の記事で紹介した方法、Phonicsや語源暗記法と組み合わせて行うととても効果的です。また、『英語上達完全マップ』で紹介されている瞬間英作文については、後で取り上げますのでそちらもご参照ください。

(『英語上達完全マップ』は英文読解の正当な学習方法 )

 まとめると、「英語上達完全マップ」で、最適で効率的な勉強法を知り、「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」で、英語学習に対しての認識と、モチベーションを深め、応用していくのが一番良い。

 

「英語上達完全マップ」は、英語の学習の効率を最大限上げるための方法を学ぶものであり、一方「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」は、語学学校の運営に携わる著者の実体験に基づき、様々な英語学習の実情や、英語を学ぶことのメリットなどを広く網羅している。

 

最低でも、 「英語上達完全マップ」は一読し、自分のレベルにあった学習で勉強を進めよう。以下、ステップ2以降では、この2つで薦めている学習方法と、ぼく自身の英語学習体験、他の英語勉強法まとめで勧められている学習方法を紹介していく。

 

2. 最低限の英単語と英文法を身につける

f:id:mimizunomizuno:20170118102710j:plain

自分の英語にまだ自信がない人は、まず最低限の英単語と、英文法を身につけよう。しかし、もしMarchレベルの大学生で、英語にそれほど苦手意識がない人、もしくはTOEIC550~600レベル人(センター英語160前後)はこの章を飛ばしても構わない。

 

既にある程度の文法知識とボキャブラリーがあるのに、また基礎から固め始めるのは、いつまでたっても使えない英語学習にしかならない。さっさと使える英語の勉強に移ろう。

 

まだ英単語と英文法の基礎ができてない人に、おすすめなのは、「一億人の英文法」と「DUO3.0」だ。

 

「一億人の英文法」で英文法を固める。

 文法の参考書はたくさんある、実際に自分で見て、気に入ったものを買ったら良い。そんな中でも個人的におすすめなのは、「一億人の英文法」だ。これは「話すこと」にフォーカスし、英語をただ暗記して覚えるのではなく、イラストなどを使って、ネイティブが持つイメージで、直感的、感覚的に覚えることができる。

 

「DUO3.0」

単語学習でおすすめなのは、「DUO」だ。僕は大学受験時は、「システム英単語」を利用していたが、再び英語学習を始めるために、DUOを購入した。名前はよく聞いていたのだが、使ってみて、その学習効率の良さに驚いた。多くの人がイチオシし、「英語上達完全マップ」の中でも、英単語のおすすめ教材として紹介されている。

DUO型単語集とはこの単語集「DUO」をそのまま単語集のタイプ名にしたものです。「DUO」は画期的な単語集で、一つの例文の中に複数の単語を散りばめているので、単語を覚える時間と労力を著しく軽減してくれます。この秀逸な単語集の成功をみて、最近多くのDUO型単語集が出版されてきていますが、残念ながら、例文の質において本家本元のDUOに伍す単語集はまだ少ないようです。 (英語上達完全マップ●語彙増強=ボキャビル )

 

なぜDUOが優れているかと言えば、上にも書かれている通り、1つの例文の中に、複数の重要単語が散りばめているため、効率的に学習することが可能だからだ。

 Bob was so beside himself that he could scarcely tell fact from fiction.

(ボブはひどく取り乱していて、現実と虚構の区別がほとんどできていなかった。)

この例文では、「be beside oneself」「scarcely」「tell A from B」「fact」「fiction」 などの重要単語・熟語が含まれている。いわば、この文章を理解できれば、これらの重要単語を取得できるようになるのが、このDUOのすごいところだ。

 

また、この例文でも登場するボブは、なぜか毎回、例文の中で事故に巻き込まれ、おもわず笑ってしまう。このように、例文がストーリーとしても繋がっており、楽しく勉強できる。

 

3.瞬間英作文で英語回路を身につける

f:id:mimizunomizuno:20170118103246j:plain

ぼくが1ヶ月のフィリピン短期留学に行った時のことだった。留学前に、なにか勉強しておこうと思い、友達に勧められた1冊の本をやってみただけで、一緒に行っていた大学の友達と圧倒的に差がついた。それが「瞬間英作文トレーニング」だ。

 

ぼくはこれ一冊しかしていないのに、留学先で同じ大学の子に、「え、なんでそんなに英語できるの?」と驚かれた。正直、TOEICのスコアなどは圧倒的に自分が一番下だったのに、この本を留学前に実践したところ、「話す英語」としての基礎能力が身についていたのを感じた。

 

この本で身につけることができるのは、日本語を英語に瞬時に変換する、英作文能力である。本書に載っている構文は本当に中学生レベルの基本の文だ。しかし、まず自分たちが身につけなければならないのは、平易な文を瞬間的にかつ正確に作ることの出きる能力である。

 

例えば、以下の文を英文に変換できるだろうか?

君がどちらの車のほうがより良いのか言ってくれなかったので、僕は気に入った方を買った。

(解答例)

Since you did not tell me which car was better, I bought the one (which/that) I liked better.

 

これは、中学英語の知識でできる英作文である。 しかし、瞬間的に行うにはかなり負荷の大きい英作文ではないだろうか?英会話することにおいては、これの連続である。

 

「英会話」においては高度な英語は必要ない。というより、日本人は英文法ができすぎている。本書の構文を何度も繰り返し読み、パターンを覚え、英作文回路を身につけよう。

 

4.オンライン英会話でひたすら喋る

f:id:mimizunomizuno:20170118110026j:plain

瞬間英作文で英作文回路を身につけたら、さっそく実践しよう。おすすめは、オンライン英会話だ。喋る。ただひたすら、何回も繰り返して喋って実践しよう。日本人に足りないのは、圧倒的に喋ることであり、アウトプットする場だ。

 

留学に行かなくても、英語を身につけることは可能だ。オンライン英会話で、日本にいながら、しかも低コストで、英語を喋る機会を得ることができる。

 

個人的におすすめなのは、「ネイティブキャンプ」。このサービスは、月5000円で、Skypeなども必要なく、サイトから、しかも予約なしで、すぐに英会話を始めることができる。なんといってもすごいのは、レッスンの回数制限がないところ。

 

オンライン英会話サービスの比較をしてくれている以下のサイトが参考になる。

他におすすめなのは、DMM英会話 レアジョブ 。特に、DMM英会話は、様々な国籍先生がいて、講師の質が高かった印象が個人的にあった。

 

なによりも一回レッスンを受けてみるのがおすすめだ。どのサービスも無料体験ができる。おすすめのネイティブキャンプは、7日間の無料体験レッスンができる。DMM英会話 レアジョブ は、2回分のレッスンが体験できる。ぜひ活用してみよう。

 

日本人の圧倒的スピーキング能力の低さ

(この章は筆者の体験談のため、次へ飛ばしても問題無いです。)

昨年の春、アメリカへ2週間のホームステイに行った時、友達もいなかったので、現地の語学学校に少しだけ通った。それ以前に行ったフィリピン留学では、メリットの1つであるマンツーマンレッスだったが、アメリカの語学学校は基本的にグループレッスンだった。初めての体験だったので、とても楽しかったが、日本人のスピーキング能力の低さを改めて実感させられた。

 

ぼくが入ったクラスは、7人ぐらいの少人数教室で、その中に日本人女の子が2人いた。この2人は1ヶ月英語を学ぶため、一緒にこの学校に通い始めたそうだが、クラスの中で圧倒的に英語が喋れなていなかった。

 

先生が質問をしても、まず「え?どういう意味かな?えーっと」と言いながら、日本語をしゃべる。しかも、いつも2人でいるから、日本語で協力しながら、相手が何を行っているかを理解しようとする。しまいには他のクラスメートはすごく英語をしゃべれるため、相手がわからないことをいいことに、日本語で悪口を授業中に何度も行っていたから、それはすごかった。

 

しかも、グループレッスンだから、先生から質問されない限り、喋る機会がとても少ない。他のクラスメートは、基本的に意欲的だから、わからないことがあるとすぐ質問するし、自発的に英語をしゃべっていた。日本人はシャイだから、なかなか喋ろうとするのが難しいため、なおさらグループレッスンは難しい。

 

これだけ周りのレベルが高いのに、彼女達がこのクラスにずっと入れたのは、英語は喋れなくとも、英語は分かるからだ。わかったことは、日本人は圧倒的に周りと比べても英文法ができる。授業中、先生の質問がわからなくても、宿題を出されたら、ほぼ満点で回答できていた。しかし、他のクラスメートは全然文法ができない。だから、優秀であるとされ、そのクラスにずっといたのである。

 

ホームステイ先のマザーは、子供達に英語を教える先生をしているが、「日本人の大学生は、ほとんどが私たちより、TOEICなどのテストの点数は上だと思うわよ」と言っていた。

 

これからも分かる通り、日本人は座学においては、大学受験などである程度勉強して入れば、もう十分くらいなのである。しかし、圧倒的にしゃべる練習をしていない。さらに、シャイな性格だから、せっかく語学学校のグループレッスンをしても、喋る機会が全然取れず、英語を身につけることができないことが多い。

 

だからこそ、マンツーマンレッスンで、しかも日本にいながらスキーキングを伸ばせる、オンライン英会話を活用しよう。留学に行かなくとも、スピーキングは伸ばせる。なにより大切なのは、学んだことをいかにアウトプットするかだ。少なくとも、実際に喋って、英語を使えると思えるのは単純に楽しい。

 

5. 発音を身につける

f:id:mimizunomizuno:20170118110556j:plain

発音に関しては、初めはあまり気にしないでいい。なぜなら、上で書いた通り、日本人に足りないのは、喋る機会であり、アウトプットの場であるからだ。そもそも、発音の練習ばかりして、結局実際に喋る機会がなければ、結局ただのインプットだけに終わってしまう。

 

しかし、実際にオンライン英会話をやったり、外国人の友達と喋っていいると、なかなか聞き取れない言葉があることに気づいていくだろう。それに対して参考になるのが、以下である。

私は英語をきれいに発音することは非常に重要だと思っている。なぜなら、発音が上手くならないと、相手が何を言っているのか聞き取れないからだ。ヒトは言語音を耳にすると、自分で発音するとどうなるか脳内で仮想的に口の器官を動かし、そのシュミレーション結果を使って、その言語音を認識するらしい(認知と行動の密接な関係については、このエントリが参考になる)。

 

理屈はともかく、私自身は、発音をきれいにすることで、急に言語音がクリアに聞こえるようになった経験をしている。同様の経験をしている人は多いだろう。リスニングが上達すると、英語での会話が楽になるだけでなく、語彙を増やすのにも有利である。なぜなら、1つの単語を覚えるとき、綴りという視覚的情報だけでなく、音声としても定着するので、記憶に残りやすくなるからだ。

(引用: 英語上達の秘訣は発音練習にある - elm200 の日記)

 

理屈としては、「発音できない音は、そもそも聞き取れない」とは言ったもので、これは間違いない。また冒頭で紹介した、「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」のはるじぇーさんも以下のように述べている。

 

 

そこで、発音を身につけるのにおすすめなのは、「フォニックス」だ。フォニックスとは、簡単に言えば、日本語の50音を覚えるのと同じで、音と文字の関係の規則性を学部ために、英語を母国語とする子ども達のために、作られた伝統的な学習方法。以下のサイトが分かりやすく解説してくれている。

英語の文字と音のルール、フォニックスとは [子供の英語教育] All About

 

しかし、なによりも大切なのは、英語を喋ることだ。まずは、オンライン英会話などで積極的にアウトプットをする。そして、なんとか基本的な受け答えができるようになれば、発音の練習をしていくのが良い。

 

発音だけの練習はやはり、どうしても飽きっぽい。だから、実際にオンライン英会話で、発音の練習をお願いして、よい発音ができているかを見てもらうのもおすすめだ。

 

6. 語源を覚え、ボキャブラリーを増やす

f:id:mimizunomizuno:20170118110829j:plain

英語で何と言っても必要なのは、どれだけ英単語を知っているかだ。しかし、暗記にも限界がある。そこで、おすすめなのが、語源を覚えること。

 

例えば、"preview" という単語。もしこの単語を知らなくても、語源を覚えれば、以下のように推測することができる。

preview
→pre-「前もって」view「見る」
→何かを前もって見る

【意味】下見、試写会、プレビュー

 

このように「pre =前もって」と「view=見る」を覚えていれば、単語を知らなくても推測が可能だ。ただ単に英語を暗記するだけでは、 覚えられる英単語の数にも限りがある。この語源を知っているか、知っていないかで、ボキャブラリーの数も圧倒的に変わってくる。

 

語源で覚える単語帳もたくさんあるため、自分が気に入ったものを買えば良い。また「Gengo」というサイトもおすすめ。これは、例えば "preview" をこのサイトで検索すると、

  • "preclusion(阻止)" = pre-「前もって」 + clude「閉じる」+ ion「集まり」
  • "prefix(接頭辞)" = pre-「前に」 + fix「固定する」
  • "premise(〜を前提とする)" = pre-「前に」+ miss「送る」

などの、語源に関連した単語を紹介してくれる画期的なサイト。これらを利用し、効率的に楽しく、ボキャブラリーを増やしていこう。

 

7.  スマホで楽しく英語を学ぶ

f:id:mimizunomizuno:20170118111146j:plain

やはり英語を身につける1番のコツは、どれだけ英語に触れるかである。留学すれば、嫌でも毎日英語を使わなければならない。しかし、日本にいてはそれが難しい。そこで、スマホを有効に利用して英語を学ぼう。

 

1. Twitter留学

1つ目のおすすめは、Twitterの英語アカウントを作ること。おすすめした「瞬間英作文」で英作文の型を覚えても、日々アウトプットしなければもったいない。英語アカウントを作って、日頃から思ったことを英語に変換し、つぶやくのも一つのおすすめだ。

瞬間英作文をTwitterで実践する | フィリピン語学学校|フィリピン留学、セブ島留学ならサウスピーク

 

また、海外の有名人や、英語学習アカウントをフォローするのも、楽しく英語を学ぶコツである。おすすめは以下。

 

1. ドナルド・トランプ大統領

今話題となっているアメリカ大統領のTwitterアカウント。自分の関心があるものであれば、積極的に英語でも勉強する意欲がでる。

 

実は、トランプ大統領の英語は、小学生レベルくらいで、演説などは非常にわかりやすい。話題となっているCNNに関しての内容はさておき、英語を学ぶには、かなり参考になる。

www.youtube.com

 

2. 絵で覚える英単語カード

 英単語を写真付きで紹介してくれるアカウント。英単語を覚える際には、文字だけでなく、視覚的なイメージで覚えるのも一つのコツだ。

 

3. フラミンゴ - TOEIC動画毎日公開中

シチュエーションごとに、TOEICで間違えやすいフレーズを紹介してくれるアカウント。実際に発音も学べるからおすすめ。なにより紹介してくれる人がかわいいから、楽しく勉強できる。

 

2. Hi Nativeでネイティブの英語添削
HiNative 無料英語と多言語のQ&A, HiNative Trekも
HiNative 無料英語と多言語のQ&A, HiNative Trekも
開発元:Lang-8, Inc
無料
posted with アプリーチ

Twitterで英語をつぶやくのもいいが、実際に自分の英文があっているのか不安になる。そんな時は、「Hi Native」を使おう。これは、添削してほしい文章を投稿すると、アプリを持っているネイティブの人が、添削してくれるYahoo知恵袋のようなアプリ。

 

実際に使ってみると、3分も経たないうちに、丁寧に英文を添削してくれた。これは完全に善意で成り立っているので、添削してもらったら、相手の質問も添削してあげよう。TwitterとHi Nativeの組み合わせはかなりおすすめ。

f:id:mimizunomizuno:20170117181134p:plain

 

3. TEDで楽しくリスニング
TED AudioBooks-無料で英語をリスニング、リーディング、TOEIC対策にも-
TED AudioBooks-無料で英語をリスニング、リーディング、TOEIC対策にも-
開発元:Koujirou Inoue
無料
posted with アプリーチ

最後のおすすめは「TED Audio Books」。自分の興味のある、世界の一流プレゼンを英語で見れる。このアプリのいいところ3つ。

  1. 動画が字幕付きでがみれる。(日本語 or 英語)
  2. 英語 or 日本語訳がすぐ見れる。
  3. Audio Bookとしても使える。

 

通常のTEDのように、英・日の字幕をつけて動画を観れる。また、日本語、英語の訳文も確認でき、気に入ったトークを保存して、オフラインでもAudio Bookとして再生できるのがすごい。気に入った動画は保存して、何回も聞くことでリスニングを鍛えよう。

 

あとは実践するだけ

ここまできたら、あとはやるだけ。いいかげん、英語勉強法ブログを観て満足したり、英語取得の裏技探しをするのではなく、今すぐスマホかパソコンを閉じて、実践しよう。それでも、まだやる気が出ない人は、シャイア・ラブーフ先生に喝をいれてもらおう。

 

英語学習のメリットを確認しよう

やはり、英語学習で一番難しいのは、モチベーションを保つことだ。そこで、英語を取得することのメリットを把握するのも、モチベーションを上げるための一つの手である。ここでいくつかおすすめの記事を紹介しておく。

 

1. 英語を習得する本当のメリットを知っているか - LITERALLY

ブログ「Literally」のCatNoseさんの記事。これを見ただけで、今すぐ英語を勉強しなくてはと思ってしまうほど、どれだけ英語を習得することが価値あるものかが伝わって来る。

 

 2.  英文読解の勉強が辛くなったときにはこの記事を読んでください。

英語ができるということは、きっと世界を広げてくれるだろう。勉強するのは大変だけど、それはきっと楽しいことだ。

もし子どもが「なんで勉強しなきゃいけないの?」と尋ねてきたら私はこう教えてあげます。「勉強すれば、勉強していない人たちよりもずっと面白いことができるし、楽しい人たちと知り合うことができるからだよ」

 

3.  私が英語学習を通じて学んだ論理的な文章の書き方

英語ができることは、外国人とコミュニケーションがとれることだけじゃない。英語学習を通して、自分の言葉を磨いていこう。

 

その他参考になった勉強法

先ほども紹介したブログ「Literally 」さんの記事。英語の効率的な学習方法のみならず、デザインからライフハック、おすすめ雑貨まで、いつまでも見ていられる。効率的に英語を学習するコツや方法をまとめてくれている。

 

ブログ「STAY MINIMAL」さんの記事。この方も実際に「英語上達完全マップ」を実践し、使える英語を身につけている。実践したことを、事細かに紹介してくれているため、とても参考になる。

 

さいごに 

f:id:mimizunomizuno:20170119181423j:plain

ここまで、英語の効率的な学習方法についてまとめてきたが、やっぱり「英語」は手段でしかない。海外では、英語は喋れて当たり前で、もはや第2言語だけでなく、第3言語まで喋れる人なんてたくさんいる。ぼく自身も、去年アメリカに行った時、日本人の子供達が、英語と日本語を話す人によって使い分けるのを見て、この子達には勝てないなと思った。

 

結局、英語の学習も大事だけど、英語は自分の考えを伝える手段であり、大事なのは何をしゃべるかだ。だから、言葉を磨いていこう。英語という武器を身につけ、たくさんの情報に触れ、たくさんの優秀な人と会話しよう。そして、教養を身につけることで、自分の意見や、考えを育てていこう。

 

きっと、使える英語を身につけたということも自信になるだろう。その経験は、一生の財産になるはずだ。ぼくも、まだまだ未熟だから、一緒に頑張っていこう。

 

by みみずのみずの(@mimizunomizuno)

電通の一流コピーライターに学ぶ「自分の考えを言葉にするたった一つの思考法」

Book

       f:id:mimizunomizuno:20161226041256j:plain

 

「文字には不思議な力があります。」  

これは仲間由紀恵が主演を務めるドラマ「TRICK」にて、主人公の母親が登場するたびに喋るおきまりのセリフだが、これは事実だ。そして現代は言葉で評価される時代である。

 

続きを読む

大学生のぼくがスタートアップのビジネスサイドで2ヶ月働いて学んだこと

Essay

            f:id:mimizunomizuno:20161006222426j:plain

 

こんにちは。ぼくは4月から京都にあるスタートアップと言われる起業したばかりの会社で、エンジニアのインターンとして働いおり、この8、9月は東京展開のためのビジネスサイドとして東京にて活動していました。この2ヶ月間は様々な体験をすることができたので、その節目としてここに記録したいと思います。伝えたいことは「答えのない問題を考えること」「成長することとは?」「人に与えられること」の3つです。

続きを読む